読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリアス見(プリン好きアスリート見習い)のブログ

プリン好きな市民ランナー(アスリート見習い)の、マラソンとかと、プリンのブログ。プリン好きの人はプリン選びの参考にどうぞ!

【ランニング】トレランについて思うこと(ネガティブ)

 

雑誌のランナーズは大体毎月買って読んでるのですが、今月はトレラン特集の小冊子がついてきてました。

 

トレラン良いですよね。自分もやってみたいかと言われれば、やってみたいです。

・自然の中を走る!景色が良い!

・脚力強化になる!

・心肺も鍛えられる!

マラソンをやっている身からするととても魅力的に感じます。

それらに関しては嘘は無いと思います。

 

でも、やっぱりトレランってリスクはいっぱいあると思うんです。

トレランの良いところばかりを書いてある、書籍やホームページには若干胡散臭さを感じます。

 

トレランギアがスポンサーや広告を出してる雑誌やランナーの方だとしょうがないのかもしれないんですけどね…。

 

①疲労度

トレランってランニングの延長で語られる事が多いですが、ランニングとトレランは疲労の質がランニングとは違うと感じていて、どちらかと言うと登山の延長にある気がします。

疲労度としては、ランニング〈登山〈トレランってイメージです。

手軽に始められると、よく書かれているのですが、体力的にどの程度ならどこまで行けるかっていう目安が欲しいですよね。「5km走れない奴はトレランダメ」とか「ハーフ走り切れるなら○○くらいまでなら平気」とか。

いや、書いてある本やサイトも、もちろんありますよ。

 

②野生のリスク

 「熊は熊鈴をつけておけば、そこまで神経質にならなくても良い」的な事を某トップトレイルランナーの方の本で書いてありました。

 確かに神経質過ぎてはどこにも行けないでしょう。リスクが顕在化する可能性も確かに低いとは思います。

 でも、植物、昆虫、動物との予期せぬアクシンデントってどうしてもあると思うんです。そういうものをもっと声高に伝えて欲しいんですよね。

 

③単独行

「初心者は単独行動は避けて、経験者と一緒に行動しましょう」

ということも書かれてますが、それはそうでしょうけど、でも個人的にはやっぱりですね…自分の場合はですけど、登山、トレランってやっぱり単独行じゃないのかなぁ…って気がします。

気の合う仲間でワイワイは否定しませんが、マラソンも登山もトレランも結構内向き(個人的な)ものだと思うんですよね。

自分もトレランやるなら、一人で行きたいなぁと思ってます。
自然や自分と向き合い時間を他人に邪魔されたくない的な感覚でしょうか…。

そういう考えの自分からすると、経験者と一緒に、というのはちょっと違和感があるんですよね…

 ~~~~~

何が言いたいって、別に何が正しい、間違ってるという話ではなくですね…。
トレランやってみたいけど、どんな備えをして始めるのが良いのか、情報がありすぎて良く分からんっていう嘆きです。

 


ブログランキング参加中です。クリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村